処方される飲み薬のメリットとデメリットとは・・?

薬

クリアネイルショットは毎日、1回清潔な肌に塗るだけで、
健康な爪を取り戻せるという浸透力特化型のネイルケア商品です。

 

ただ、爪水虫の治療なら皮膚科がいいのではないかと思う方もいますよね。

 

それで、ここでは皮膚科で処方される爪水虫の飲み薬の
メリットとデメリットについてご説明したいと思います。

 

まず、メリットは飲み薬は塗り薬と違い、
有効成分が水虫菌まで効率的に届くということです。

 

爪は大変固い組織なので、有効成分が浸透しにくいのですが、
飲み薬なら身体の中からが確実に菌に作用します。

 

デメリットは肝臓機能障害の副作用があるということです。
これはちょっと恐いですね。

 

ですから、もともと肝臓に問題があったり、
過去に治療歴がある人は処方してもらえません。

 

また、肝臓に問題がない人でも副作用が起きていないか
定期的に肝臓の検査をする必要があります。

 

それから、ある種の胃薬、睡眠薬、コレステロールを下げる薬や
アレルギーを抑える薬などを飲んでいると、
水虫用の飲み薬は飲むことができません。
また、妊娠中の方も服用できません。

 

治療には6ヶ月〜1年かかります、
半年間治療した場合の費用は薬剤費だけでは12,000円〜20,000円です。

 

このように考えると、クリアネイルショットには副作用がないので
安心して使えますし、塗り薬特有の浸透力が劣るという問題も
クリアしているので効果も期待できます。

 

自宅で簡単に爪のケアができるので、
皮膚科に通う手間や交通費、診察料を節約できておススメです。

 

爪の悩みに!浸透力特化型ジェルタイプ【クリアネイルショット】

 

 

サイトTOPへ